ボルシア・ドルトムント前監督トーマス・トゥヘル氏が、今夏に同クラブからバルセロナに移籍したFWウスマン・デンベレの振る舞いについて語っている。

長年にわたりマインツの主将を務めた元マケドニア代表DFニコルチェ・ノベスキ氏の引退試合で、トゥヘル氏は久々にタッチライン際に立った。“チーム・ニコルチェ”の指揮を執った同氏は、現リヴァプールのユルゲン・クロップ監督が率いた“チーム・マインツ”に6−9のスコアで敗戦。トゥヘル氏はその試合後、ドイツ『スカイ』のインタビューに応じている。

自身の去就はまだ決定していないが、「誰も信じていないけれど、私はこの時間を大いに楽しんでいる」と強調するトゥヘル氏。もちろん自身の下で、昨シーズン大ブレイクを果たしたデンベレについても言及している。トゥヘル氏は同選手がバルセロナに移籍したことについて、「ウスマンは我々と最初に話したころから、常に自身の大きな目標と夢は、バルセロナに移籍することだと明かしていた」と驚いていない様子だ。

またバルセロナへの移籍を求め、ドルトムントでの練習を無断で欠席した行為について、「私はそれに関する経緯とは距離があったので、彼がなぜそういうことをしたのかについては知らないよ。だが、モラルの話に偏りすぎないことに気をつけなければいけない」とコメント。そして2015−16シーズンの冬、当時レンヌ在籍していた18歳のデンベレが複数のオファーを受けながらも、約束通りドルトムントに加わったことを述懐した。

「彼にはあのあと、欧州のトップクラブに向かう選択肢がいくらでもあった。だが、それでも彼は『ボルシア・ドルトムントに行くことを誓い、その約束を守る』と話していたのでね。彼と同じ年齢の私は、あれほど誘惑に耐えることはできなかっただろう」

2015年夏にレンヌのトップチームに昇格したデンベレは、たった数カ月でバルセロナを含む複数のビッグクラブから熱視線を送られる存在となった。だが、そんな人気株は最初に声をかけられたドルトムントに移籍することを約束。そしてトゥヘル氏の下でさらに評価を高め、バルセロナ移籍が実現することになった。

GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170904-00000022-goal-socc

コメント一覧
じゃあ髪の話する?
入団時から「ドルトムントは踏み台(ステップ)にちょうどいい」と言ってたしな
トゥヘルこそドルトムントを踏み台だと確実に思ってたからな。
トゥヘルの戦術変更欲を満たす最高の駒がデンベレだった訳だし。
そりゃ悪く言う訳がない。
男子高生、女の子誘えなくてプロムに猫を連れて行く→人気爆発(画像)
http://jugddk.s1003.xrea.com/8.html
>>4
トゥヘル「俺の知らない若い選手を取りやがって」
と去年の今頃は補強にブーブー文句たれてたけどな
ドトールコーヒーは悪の結社、創価学会の
一員だ
集団ストーカーを行なってる
エクセルシオールカフェ赤羽東口店(現在ドトールグループ サンメリー赤羽店)閉店は証拠隠滅
ドトールも創価も法的措置を取らないのは
事実だからです
当時のドトールコーヒー社長 17年4月左遷サンメリー社長へ
とうきょうときたくあかばねは
そうかのまち

 わたしはあなたのために、信仰が無くならないように祈った。

(新約聖書 『ルカによる福音書』22章32節から)