*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

<C#>
TextBoxコントロールへの同期スレッドアクセスに対する衝突回避

 --- クラス化第3ステップ

のコード No.7

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

.




元のページ


元ページ「<C# > TextBoxコントロールへの同期スレッドアクセスに対する衝突回避 --- クラス化第3ステップ」

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n301944


記述量上限の制限で、ページを分けて記述しています。





本ページの前のページ


「<C#> TextBoxコントロールへの同期スレッドアクセスに対する衝突回避 --- クラス化第3ステップ」のコード No.6

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n304812


記述量上限の制限で、ページを分けて記述しています。






本ページの次のページ


「<C#> TextBoxコントロールへの同期スレッドアクセスに対する衝突回避 --- クラス化第3ステップ」のコード No.8

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n304814


記述量上限の制限で、ページを分けて記述しています。







はじめに


元ページの

「<C#> TextBoxコントロールへの同期スレッドアクセスに対する衝突回避

 --- クラス化第3ステップ」

におけるコードをここに記述します。








テキストボックスコントロール入力処理スレッド管理クラスのソースコード No.2




using System;

using System.Collections.Generic;

using System.Linq;

using System.Text;


namespace ControlTBoxBySynchronousThread_S3

{

    // ************************

    // テキストボックスコントロール入力処理スレッド管理クラス

    //  --- テキストボックスコントロール入力処理スレッド関連のクラスです。

    // ************************

    public partial class AccessTextBoxThreadClass

    {


        //============

        // テキストボックス追加設定処理スレッド用メソッド

        // スレッドからテキストボックスに、データー(文字列)を追加設定するメソッドです。

        // 第1引数: テキストボックスに設定するデーター

        public void StartAppendData(

            string Set_Data)

        {

            // アクセス種別に追加設定処理を設定

            AccessType Access_Type = AccessType.append;



            // テキストボックス入力処理スレッド開始メソッドを実行

            StartAccessData(

                Set_Data,

                Access_Type);

        }




        //========================

        // テキストボックス上書き設定処理スレッド用メソッド

        // スレッドからテキストボックスに、データー(文字列)を上書き設定するメソッドです。

        // 第1引数: テキストボックスに設定するデーター

        public void StartSetData(

            string Set_Data)

        {

            // アクセス種別に上書き設定処理を設定

            AccessType Access_Type = AccessType.set;



            // テキストボックス入力処理スレッド開始メソッドを実行

            StartAccessData(

                Set_Data,

                Access_Type);

        }



        //========================

        // テキストボックスリセット(空白設定)処理スレッド用メソッド

        // スレッドからテキストボックスに、データー(文字列)をリセット(空白設定)するメソッドです。

        public void StartResetData()

        {

            // アクセス種別にリセット(空白設定)処理を設定

            AccessType Access_Type = AccessType.reset;



            // テキストボックスに設定するデーター

            //  ---> ただし、本メソッドでは未使用。

            string Set_Data = "";



            // テキストボックス入力処理スレッド開始メソッドを実行

            StartAccessData(

                Set_Data,

                Access_Type);

        }



    }

}




さいごに


本ページの内容説明については、元ページを参照して下さい。